ロープをきれいに束ねたい。棒結びを覚えよう

トラックロープが棒結びされている ロープワーク

荷物を固定するために買った長いトラックロープ、南京結びまでは身につけたもののロープのきれいなまとめ方が分からずにグチャグチャのまま荷台や物置に放置されている方もいると思います。そんなときに便利なのが棒結びです。今日はこの棒結びを練習してロープをきれいに束ねてみましょう。

棒結びの手順

トラックロープを使うという前提で話しを進めていきますが終端に輪のない普通のロープでもやり方は同じです。

第一段階

1.ロープの端から10cm~15cmくらいのところを右手で掴みます。

右手でロープを持ちロープの余りが10cmになるように調整している

右手と左手で一本のロープを握っている画像
2. そしてそのロープのはみ出た部分を左手に掴ませます。 左手が束ねるための起点になりますのでしっかりキープしてください。 左手の親指は立てておいてください。

右手でロープを引き、左腕の外側を滑らせて左腕のひじまでロープを持っていく画像
3.右手でロープをゆるく保持したまま左腕の外側を滑らせて左腕のひじまでロープを持っていきます。右手のひらを穴の空いた筒のようなイメージで捉えてください。
左親指と二の腕にロープを巻き付けて輪の状態にしている
4.二の腕にロープをひっかけて折り返し、左手の親指までロープを持っていきます。

5.これでロープが左手親指→二の腕→左手親指と一周することができました。あとはこの一連の動作を繰り返してロープを左腕に巻き取っていきます。

ロープの巻き取りが完了した左腕の画像
左腕に巻き取れた状態

6.左腕にロープが巻き取れました。

7.右手で左腕から巻き付けたロープ束を取り外し、ロープ束を左手に持ち直してください。

これで第一段階は終了です。

第二段階

8. 左手で束を握っている状態です。 ロープの余りが2m~4mになるように調整してください。

ロープをL字に曲げてロープ束に巻き付けるための起点を作っている
9. 右手で余っているロープを手繰り、左手の親指か小指で巻きはじめるロープの起点を押さえL字の状態にします。

ロープ束上のL字の起点にロープを覆いかぶせてほどけないようにロックしている
10.そして時計回りに一周させて左親指で押さえているL字の起点に覆いかぶさるようにロープを渡して締め上げます。上にくるロープが起点をロックすることで螺旋状の部分がほどけなくなります。

11.蛇が締め上げるように下に向かって螺旋状に巻き付けていきます。

これで第二段階は終了です。

あとはロープの終端の仕舞い方だけですが実は何種類かパターンがありますので各自の判断で選んでください。

棒結びの終端の仕舞い方

終端の仕舞い方その1   ハーフヒッチ

ハーフヒッチはロープ同士を絡めて摩擦で止めるロープワークの基本テクニックです。第二段階で巻き付けた螺旋状の部分の最下段にロープの終端をねじ込んで締めます。

青い布の上に束ねられたロープが置いてある。棒結び
螺旋状に巻きついている最下段のロープに終端をねじ込み、締めます。
束ねたロープの上からロープを螺旋状に巻き付けた棒結びの完成画像
棒結びの完成画像

胴部への巻き付け開始時点でロープを3~4mほど長めに余らせてから巻き付けると上の画像のような形状になります。棒結びと呼ばれる理由がわかりますね。 何回も使うような忙しい状況ではロープの余りを短くすることで巻き付ける労力を削減することができます。

棒結びは保管も持ち運びもしやすくオーソドックスなロープのまとめ方です。

終端の仕舞い方その2 ロープの終端を束ねた輪っかに通す

まずロープの束を上下反転させます。

ロープをほぼ胴体に巻き終わりロープの終端をつまんでいる状態
ロープが10cmから20cmほど余るように調整します。
ロープの終端をロープ束の輪になっている部分に挿入している
そしてロープの両端の束ねられた輪っかにロープの終端を通します。

こうすることで束ねられた輪の部分とロープの終端部分が絡まりほどけなくなります。

この終端の仕舞い方のメリットは、フックに引っ掛けて保管する場合にトラックロープの終端の輪を使えることです。 荷重がかかればかかるほど締める圧力も増しますのでばらける心配がありません。納屋やガレージのフックに吊るして保管する場合はこちらが適していると思います。

棒結びで束ねられたロープがフックに吊るされている
トラックロープの輪をフックにかけて保管している様子

これで棒結びの説明は終了です。ロープをすっきりとまとめておけば必要になったときに素早く使えて片付けるのも楽になりますのでぜひ練習してみてください。

今回使用したトラックロープ

コメント

タイトルとURLをコピーしました